岐阜県・愛知県にお住まいで障がいをお持ちの方の障害者就職を支援するNotoカレッジ(大垣市)

障がい者を未来戦略のトリガーに

これからの障害者雇用促進法

企業様の障がい者雇用を義務付ける「障害者雇用促進法(正式名:障害者の雇用の促進等に関する法律)」は、昭和35年に施行されて以降、改正を重ね、法定雇用率や、納付金対象企業要件の変更を繰り返して
います。

昨年(2014年4月)に法定雇用率が2.0%に引き上げになったことも記憶に新しいところです。

また、2016年4月から、納付金対象企業の従業員数が200名から100名に引下げられました。

この変更により、全国で約9,000社が新たに納付金対象(不足1名につき、50,000円/月)として
組み込まれます。

「法定雇用率」は、2014年7月現在で2.0%ですが、この「法定雇用率」を決める算定式があります。

そしてより大きな変更が、2017年4月から5年間で段階的に実施される、「法定雇用率の算定基礎の見直し」です。

従来は、法定雇用率を決定する際の分子構成要素として「精神障がい者」数は考慮されていなかったのですが、平成30年以降は算定式に加えるということです。

「平成25年度版障害者白書」によると、我が国にて障がい者としてカウントされている数は…

つまり、約43.4%を占める精神障がい者が算定式に加わるということは、単純計算でも
2.0%÷(1-0.434)=3.5%となり、法定雇用率は一気に3.5%に跳ね上がります。

厚生労働省としては、平成35年までの5年間は猶予期間として計算式通りに引き上げないとの見解を示しており、突然あがることはないと思われますし、3.5%というのはあくまでも机上の計算にすぎないかもしれません。

しかし、長期的には、現在の2.0%からの大幅の引き上げは、まず避けられません。今から対策をしておくことをおすすめします。

「障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律の概要」(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/shougaisha_h25/dl/kaisei02.pdf

障がい者の雇用促進

企業様が障がい者雇用を進められる幾つかの理由の中で大多数は占めるものは、「障害者雇用促進法への対応」です。
しかしながら、「障がい者のもつ可能性」に着目し、能動的に雇用を進めている企業様は増加しています。

具体的な目的は以下の通りです。

  • 1) まだ開発されていない純真たる労働戦力として
  • 2) 組織や企業文化の活性化のため(「助け合い精神の醸成」「組織底上げ効果」等)
  • 3) 雇用に際してのマニュアル見直しによるオペレーション効率化の獲得

Notoカレッジからのご提案

障がい者雇用に取り組みたい、積極的に活用を促進したいという企業に、ご提案があります。

1)「就労移行支援事業所/Notoカレッジ・キャリアセンタープラス」、
「就労支援型放課後等デイサービス/のとよーび」で就職を目指してトレーニングを
している障がいをもった方の紹介および紹介後のサポート

当社にて就職に向けてトレーニングをしている方を、関係機関(ハローワーク、教育機関、地域障がい者支援機関等)との連携にてご紹介します。国や、自治体からの報酬制度にて運営している事業につき、紹介料は一切発生しません。
ご紹介した方が就職した後に当社スタッフによる定着支援を行います。
具体的には、
  • 「職場訪問、採用担当者様の『困った』への対応」
  • 「就職後の本人の相談口としての対応」
  • 「業務切り出し等への助言、サポート」など
    (当社には現在5名のジョブコーチが所属しています)

上記以外に本人の就労モチベーション低下を未然に防止する各種のイベント等を予定しています。
また、企業担当者様向けのイベント(見学会・説明会等)も企画しています。

  • ビジネスマナー初級
  • ワーク体験、集団行動訓練
  • PCスキル基礎等
  • ビジネスマナー基礎・実践
  • コミュニケーション
  • PCスキル等

2)「就労継続A型/Notoカレッジ・ワークセンター」による業務請負

当社では10名程が直接短期的な就労トレーニングをするのではなく、当社と雇用契約を締結の上、就労し企業様からの業務を請け負い長期的な一般就労を目指している方もいます。

  • ① Webサイトの制作
  • ② 書類の電子化
  • ③ データ加工、データ処理
  • ④ 各種軽作業

業務の進行については、専門的な知識やスキルを保持したスタッフが管理と確認をしますので、他の外注先と比較しても、をお約束できます。また、事業の性格上、収益が第一の目的ではなく、業務に携わるスタッフの社会参加と就労トレーニングが最大の目的となるため、企業様にとってはコスト的メリットが見込めます。

Notoカレッジ各事業部の取り組み

Notoカレッジの写真

※ 図の項目をクリックで移動します。

Notoカレッジ各事業部の図 キャリアセンタープラス ワークセンター のとよーび

就労移行支援事業「キャリアセンタープラス」

就活中・就職後に役立つノウハウを学び
就職を目指す

就職に必要な専門知識と実践力を習得します。
特に力を入れて取り組んでいるのは、 コミュニケーション力を養うためのグループワークです。

  • 「イベント企画を行うためのグループワーク」
  • 「自己理解をテーマにしたグループワーク」

上記2点によりコミュニケーションに対しての自信を深めます。

[URL] http://notocareerplus.com/

就職するのが目的ではなく就職後いかに
定着するか? 企業様と連携を取りながら
障がい者の「働く」を支援します。
シルエット
卒業生の声

就職してから、ときどきキャリアセンタープラスに訪問するのですが、利用していた当時を懐かしく思い出します。
仕事で辛いことがあってもアドバイスや相談も聞いてくれますし、気軽に足を運べるのも私にとってはありがたいです。
たまにスタッフの方から連絡いただいて気にかけてもらっています。

キャリアセンタープラスから19名の就職が
決定いたしました!

(平成27年8月末現在)

就労準備型放課後等デイ「のとよーび」

高校生が対象の将来を考えた
放課後等デイサービス

障がいやつまづきをもった高校生のための「就労準備型」をコンセプトにしています。
将来の「はたらく」につながるトレーニングを実施します。

[URL] http://notoyoobe.notocolle.com/

のとよーびの様子
就労を意識したのとよーびオリジナル
カリキュラムを楽しく学べます。

就労準備型 放課後等デイサービス のとよーびでは生徒さんが「一歩踏み出してみよう」「挑戦してみよう」と、思えるような環境づくり、カリキュラムを整えています。

社会に出る前の大切な時期に楽しく学べる、働くチカラをつける場所として学校では提供できない就労を意識したカリキュラムにて、日々トレーニングしています。

その体験を通じて、今まで気づいていなかったチカラを発見、身に付け、新たな可能性を広げています。

就労継続A型事業「ワークセンター」

ワークセンターでは丁寧さと根気強さで「品質」を大切に業務を行っております。
デジタル事業

主に書類の電子データ化(スキャニング)と
データ入力業務を行っています。

文書取扱の利便性や書類保管スペース・コストなどの軽減といった、文書管理をより合理的・効率的にするための業務です。

【実績】

  • 契約書の電子化(流通会社様)
  • 医療関係書類の電子化(クリニック様)
  • 製造図面、仕様書の電子化(製造メーカー様)
  • DM発送用顧客名簿の入力(サービス会社様)
  • 営業のための名刺入力(営業会社様)
システム事業

ホームページ作成から保守管理まで、WEBに
関する業務を全般的に行っております。

サイト活用の相談、デザインの提案、サイト構築、運用代行など単にサイト作成に留まらず運用支援も行います。

また、通販サイトの登録代行やブログ情報の更新作業など幅広く行います。

【実績】

  • 人材紹介会社様サイト
    (ブログ、動的機能、SEO対策、
    問合せフォームなど)
  • 飲食店様サイト
    (問合せフォーム、SEO対策、運用管理など)
  • 福祉関係会社様サイト
    (Facebook連動、問合せフォームなど)
その他

企業様の業務代行も行っております。

パーツの洗浄、販促物封入、梱包、DM発送、
ラベルシール貼りなど単調で手間がかかる作業もお任せ下さい。