岐阜県大垣市のNotoカレッジ採用サイト

MESSAGE メッセージ

あなたの考えたサービスが、障がいのある方の人生を、変えます。

自室にこもって折り紙に没頭していた青年が、仲間と過ごす中で自身の得意分野を見出し、社会へと飛び立って行ったように、誰しも、自分を変えるきっかけがあるはずです。

私たちはそれを「気づきのスイッチ」と呼び、一般就労支援の他、中高生向け放課後デイなど様々なサービスとを通じて障がいを抱える方の就労支援と、自分を変えるきっかけ作りを行っています。

「気づきのスイッチ」を見つける方法は、1人1人違って当然。

だからこそ、私たち自身が柔軟な発想を持ち、1人1人に合ったサービスを生み出す必要があると考えています。

型にハマる必要はありません。

多くの方の人生に影響を与えるサービスを共に生み出しましょう。

辻社長の写真

昔からひとを驚かせることが好きでした。

素晴らしいことをして驚かすのではありません。

ただ単純にいたずらをしたり、突拍子もないことを言ったり、したりして驚かすことが好きなのです。そして驚いた顔の後の「にっこり」とした顔を見ることが特に好きでした。

私は、何事にも、遊びや楽しみの要素が欠かせないと思っています。仕事も例外ではありません。

私たちが、20歳前後から65歳程度まで働くとすると、寝ている時間を除くと人生の大きなウェイトが仕事になります。

ですから、嫌々仕事をすることは不幸だし、そんな時間を過ごすことは本当に勿体ないと思うのです。

Notoカレッジ内や周囲では毎日のように事件が起こっています。

仕事として大変か大変じゃないかと問われれば、お世辞にも「大変じゃない」とは言えません。でも、間違いなく「刺激的」です。そして間違いなく社会や世の中にとって「欠かすことのできない会社」です。

「大変だから嫌だなあ」と捉えるか、「大変だけど刺激的で楽しいなあ」と捉えるかはあなた次第です。「楽しい」と思えるその瞬間から、あなたは間違いなく「自分の器」を広げ始めています。

「なるほどそうくるか︕」

「普通そんな発想するか︕」

「いやあ…参った」

私を驚かしてくれるような、とんがったあなたからの挑戦を心よりお待ちしています。

障がいや発達課題のあるひとにかかわる仕事に就いてから早や10年以上たちました。

私は、「障がい」の有るひとと、無いひととの境界は実はとても曖昧だと思っています。よく言われるように、「障がい」は目に見えるものではなくて、私たちひとりひとりの心の中に存在しています。2013年の4月にNotoカレッジが立ち上がって、2014年2月に就労移行支援事業にて最初の卒業生(就職者)が誕生しました。

弊社では就職が決まると、全員で卒業式を行いひとりひとり送り出しますが、その中で私は、「いつか『障がい』という言葉が世の中から無くなって、就労移行支援という仕事そのものが無くなることが究極のゴールです」と話をしました。でも、本当にそうなればいいなと思っています。

昨今のグローバリゼーションの進展、インターネットを中心とした情報のシームレス化等により人々の価値観や行動様式が多様化し、昨日までは通用していた考え方や行動があっという間に陳腐化する変化とスピードの時代に私たちは生きています。

そうした中で、「とんがりすぎた思い」「譲れないこだわり」「大きな凸凹」といった、いわゆる「個性の強すぎるひと」にとっては、とても生きづらい世の中にみえます。しかし、数十年前の「多いことはいいことだ」「大きいことはいいことだ」といったマジョリティを貴ぶ風潮から明らかに変わってきている中で、「強すぎる個性」を武器に活躍できるフィールドがどんどん広がっていることもまた事実です。

今までの社会的通念や、いわゆる「常識」と言われている概念が大きく揺らぐ中で、可能性は無限です。

私たちは、「障がい」の有無ではなく、「人間性」というひとの本質を見つめる目を磨きながら、かかわるすべてのひとの可能性を探り続けたいと思っています。 そしてすべてのひとが輝き続ける社会の実現に向けて、努力し続ける所存です。

今後ともご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

辻社長の写真
  • 株式会社Notoカレッジ
  • 代表取締役 辻 雅靖

~プロフィール~

2004年

人材派遣会社にて障害者雇用促進法に基づく「特例子会社」の設立、運営に携わる。同社にてIT事業を軸とした事業を構築、主として肢体不自由者、内部障害者、精神障害者を雇用し、現場責任者を務める。

2013年

株式会社Notoカレッジ代表取締役就任現在に至る。

他、企業や企業団体、大学に対して障害者雇用のためのコンサルティング、セミナーの実績多数。

  • ITコーディネーター
  • ジョブコーチ(企業在籍型職場適応援助型)
  • 岐阜県中小企業家同友会会員
  • 岐阜IT協同組合理事

VISION Notoカレッジの思い

すべての人が活躍できるためのフィールドづくり

~事業をすすめるためのコンセプト~

「Share」~みんなで共有しよう~ 想い、ワクワク感、ストーリー

~事業構築の方向性~

  • 円滑な就労を促すための教育カリキュラムの充実
  • 就労したい人と企業とのマッチング機能の強化
  • 企業内で長く働くための定着サポート体制構築
  • 障がい者就労のための新たな領域の開発

私たちの役割は、障がいのあるなしに関わらず、スタッフも含め私たちにかかわる全てのひとが『気づき』のスイッチ」を自ら押すことができるためのサポートと環境づくりです。

『気づき』のスイッチ」とは、誰もが持っているけど、ちょっとの「自信」と、「きっかけ」と「タイミング」とが揃わないとなかなか押すことが難しいスイッチです。

どんな些細なことでもいい。

「そうか、これでいいのか︕」「私はこんなことができたんだ︕」「これならうまくいきそうだ︕」「これはなんだか楽しいぞ︕」

といった感覚がベースになって、何となく前向きな気持ちになる。

この時には、もう「スイッチ」が入っています。新しい自分への第一歩を歩みだしています。

私たち、Noto カレッジができること、目指していることは、誰もが持っている、この、『気づき』のスイッチ」を自ら押すことができるようなきっかけづくりの手伝いと、そのスイッチがありそうなところまで誘導することです。

スイッチを入れることができるのは、あくまでも本人だけです。

「Noto カレッジ」の『Noto』とはラテン語で「気づく」という意味があります。 この「気づき」をできるだけ多くのひとに提供できるための機会をつくることがわたしたちの使命であり、想いです。

企業情報

会社名
株式会社 Noto カレッジ
設立
2012年12月
代表者
代表取締役 辻 雅靖
所在住所
岐阜県大垣市高屋町 1-51
事業内容
  • 障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス
    • 就労移行支援事業「Notoカレッジキャリアセンタープラス・More」
    • 就労移行支援事業「NotoカレッジキャリアセンターNEXT」
    • 就労継続A型「Notoカレッジワークセンター」
    • 就労継続B型「Notobeee」
  • 就労定着支援
    • 「Notoカレッジ・ウィズ」
  • 児童福祉法に基づく放課後等デイサービス
    • (就労準備型「のとよーび」)
  • 障害者総合支援法・児童福祉法に基づく相談支援サービス
    • 特定相談・障害児相談支援「のとファイブ」
従業員数
25名
ホームページ
http://www.notocolle.co.jp/

先頭に戻る