岐阜県・愛知県にお住まいで障がいをお持ちの方の就職を支援するNotoカレッジ(大垣市・名古屋市)

vision~Notoカレッジの思い~

Notoカレッジ経営理念

「事業活動を通じて地域共生社会の実現に寄与します。」

「スタッフひとりひとりの思いを尊重し、仕事を通じて  『気づき』を得ながら、共に成長し続けます。」

Notoカレッジ行動指針

  • 1 【Noto】の意味を振り返り、いつもに自分に問いかけます。
  • 2 「誇りとプライド」を持って日々業務に取り組みます。
  • 3 「目的設定」と「振り返りを確実に行い提供するサービスに徹底的にこだわります。
  • 4 周囲への関心を高め、アンテナを高く掲げることに心掛けます。
  • 5 自己投資を継続し、人間力を高め、会社に、地域に、社会に貢献します。

「気づきのスイッチを押せるのはあなただけ」

私たちの役割は、スタッフも含め私たちにかかわる全てのひとが『気づき』のスイッチ」を自ら押すことができるためのサポートと環境づくりです。

『気づき』のスイッチ」とは、 誰もが持っているけど、ちょっとの「自信」と「勇気」、「きっかけ」と「タイミング」とが揃わないとなかなか押すことが難しいスイッチです。

どんな些細なことでもいい。

  • 「そうか、これでいいのか!」
  • 「私はこんなことができたんだ!」
  • 「これならうまくいきそうだ!」
  • 「これはなんだか楽しいぞ!」

といった感覚がベースになって、何となく前向きな気持ちになる。

この時には、もうスイッチが入りかけています。新しい自分への第一歩を歩みだしています。

私たち、Notoカレッジができること、目指していることは、誰もが持っている、この、 『気づき』のスイッチ」を自ら押すことができるようなきっかけづくりの手伝いをすること。

でも、スイッチを入れることができるのは、あくまでも本人だけです。

「Notoカレッジ」の『Noto』とはラテン語で「気づく」という意味があります。

この「気づき」をできるだけ多くのひとに提供できるための機会をつくることがわたしたちの使命であり、想いなのです。

代表あいさつ

Notoカレッジは2013年4月の開設以来、社会の、地域の期待に応えるべく、事業を継続してきました。

事業開始時より障害者を中心とした働きづらさを抱えたひとの社会における活躍機会を支援すべく「ワーキングバリアフリーの実現~すべての人が社会で活躍できるためのフィールドづくり~」という経営理念にて活動してきましたが、昨今の当社を取り巻く社会環境変化への対応、地域における当社の担う責務の変化、さらには、100年寿命時代と言われる中で当社で働いているスタッフのこれからの人生プラン等を鑑み、自社の立ち位置や方向性、また社会に対しての役割等をもう一度見つめなおす時期にきています。

2020年に8年目を迎えるにあたって、当社が担うべく事業領域の再定義を行い、Notoカレッジを育ててくれた地域に対しての思いと、今後も会社と共に成長し続けて欲しいひとりひとりのスタッフへの思いを込め、自社の経営理念を再策定し、その理念に沿った事業活動を模索しながら、社会と地域とに今まで以上に必要とされる法人になりたいと考えています。

チャールズ・ダーウィンは「進化論」の中で、変化に最も適応した種が生き残ると論じており、変化のスピードが加速度的に速まっている現代社会において、その傾向がより顕著であることは疑いありません。しかしながら今までの活動の中で、「決して変えてはいけないこと」も数多くあることも理解しています。

わたしたち、Notoカレッジはスタッフ全員がアンテナを高く伸ばし、変化を察知しつつも、その一方で、ものごとの本質を見失うことなく、Notoという言葉の意味である「気づき」というフレーズを大切にして、日々成長し続けたいと願っています。

今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒お願い申し上げます。 

  • 2020年6月
  • 株式会社Notoカレッジ
  • 代表取締役
  • 辻 雅靖